あの世の記憶

 
昨日、夜遅く・・・帰って来ました。
 
かみさんと子供たちが、です。
 
先週で幼稚園が冬休みに入ったので、かみさんの実家に6日間ほど行っていたのです。
5歳の男の子と2歳の女の子。それに、まだこの世に生まれ出ていない、男女の区別も定かでない「第3子」が。
 あ、でもこの世に生まれ来る前から予め性別は決まっているとか・・・。
さらに子供は自ら親を選び、自分の意志で母の胎内に入れてもらうとか・・・。
聞いたことあります?・・こういう話。


私が聞いたところによると、産まれる前の記憶、つまり霊界での記憶を忘れずに持っている子供もいるらしいですね。
そういう子に、「なんでお父さん、お母さんのところに生まれてきたの?」と聞くと、「だってお父さん、お母さんのところに生まれて来たかったんだもん」と答える子供もいるんだとか・・・。


3~5歳くらいまでの子供を持つ親御さんは、一度子供に聞いてみてください(誰も見ていないって。このブグ・・・)。
成長していくにつれ、霊界での記憶は薄れていってしまうものらしいですから。
すごい子供だと、霊界で神様やご先祖様から、「あのお父さんお母さんのところに入りなさい」と言われて来た、という子もいるらしい・・・。
これ、実際に私が他人様からこういう話を聞いた、という話を又聞きしたものです。

 

子供は自らの意志で、膨大な数の中から私たち両親を選び、自ら望んで産まれて来ている・・・。そう考えると「正しく生きなければ・・(たとえ貧しくとも)!」と思えてくるものです。


しかし、いつも居るのが居ないと、妙に寂しいもんだなあ、と思っていたものの・・・帰って来たら来たで、うるせぇも のですね~。
でも、この「家族団らん」が幸せの象徴であり、『世界平和の基である』と思っています。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック