タイガーマスク


財政難に喘ぐイギリスでは付加価値税(日本の消費税)が20%に上がったそうです。

日本が今5%だから、何と日本の四倍です!

日本も昨日、内閣の顔ぶれが一新し、いよいよ消費税アップが本格的に議論されていきそうですが‥。


イギリスではさらに、大学の学費がこれまでの三倍にはね上がり、公立大学の学費は一年間に何と119万円(!)になるんですと!
おかげで在学中の学生も、大学を辞めざるを得ない者が出ているんだとか…。
学生の暴動にまで発展して大騒ぎになりましたが、普通に考えて、当然ですよね…。
我が家もイギリスに住んでたら子供を大学にはやれませんよ…。

さらにさらに、年金支給年齢も引き上げて、とどめは定年制度も廃止になるんだとか…!
貯蓄のそれほどない庶民は定年無しで、死ぬまで働きづくめ‥。
それでも職にありつければ収入はあるが、職に就けない貯蓄なしの高齢者の方々は一体どうなるのでしょうか…!?


あなおそろしや…。


国の将来を担うべき若者を育てる事を放棄し、これまで一生懸命働いて国を支えてきた老人を見捨ててしまう…。


そんな国に、誰が住みたいと思うでしょうか…。


日本も対岸の火事じゃないですね。
いま、日本の国債(借金)が800兆円を越え、一人当たりの借金額にすると、600万円超(!)という現状を考えたら、増税はやむなし、という話しをよく聞きますが、どう考えてもおかしい気がします。

政治の無能で積りに積もった借金を、庶民に押し付けられても‥ねぇ…。


国民が希望も持てない社会に、明るい明日はあるのでしょうか‥?



今年は人類の行き詰まりも、より一段深まりそうです‥。

これほど暗い世界にあって、清く明るく正しく生きる人は鮮少でしょう‥。

でも、そういう気持ちで生きる人たちは、きっと世の中の光である…。

今タイガーマスクの伊達直人を名乗り、施設の子供達にランドセルを寄付する現象が、全国に飛び火しています。
暗い世の中にあって、一つの明るい話題が明るい連鎖を生みました。

正しく生きることは地味に見えますが、必ず世界浄化に繋がります。

きっと‥。

この記事へのコメント

charao
2011年02月12日 09:48
なるほど!同意見です!

この記事へのトラックバック