新たなうねり?


チェニジア、エジプトに端を発した現政権へのデモは、ついに政権崩壊にまで発展しましたね~。

そのうねりはさらに北アフリカやアラブ諸国にまで拡がり、ついには、あの中国にまで波及しちゃいそうな勢いです!


でも、中国ではどうですかね‥?何しろ超独裁国家ですから、デモになったら容赦なく弾圧されてしまうでしょう‥。
まあ今は盤古大神の権勢昇龍の如し、ですからね~。


果たしてこの潮流は一気に世界の独裁国家崩壊に繋がっていくのか。
今、世界中が注視しています。



でも‥冷静に考えて、今回の一連の流れはどうなんでしょうか‥?



エジプトなんかは現大統領は辞任しましたが、次期政権はどうなの‥?
本当に民主化へと舵を切るんでしょうか‥?
それともただの首のすげ替えの茶番劇なんでしょうか。


そもそもこの民衆蜂起は、本当に民衆の呼び掛けによるものでしょうか?


誰かが裏で仕組んで民衆を煽ったのでしょうか‥?


わたしは裏の仕掛けがあるように思えてしまうんですよね‥。いよいよ中東情勢がキナ臭くさせられて行きそうです。
今現在、そのような裏情報を一切調べないで書いているので分かりませんが、また原油高騰も心配ですね~。




いずれにしろ陰謀が有る無しに関わらず、世界で大きなパラダイムシフトが起こりつつあるのは間違いないようです。


結局人の世が動くのは、神の意思によりますから、神様の計画の次の一コマが進みつつあるので要注視!‥ですね。





一方、日本の名古屋市長選も既存政党にNOを突き付けた格好で、河村市長が勝利しましたね。


どう思いましたか‥?


そもそも聞こえの良いように見える議員報酬カット、市民税減税などという政策は、次世代への借金の付け回しにはならないんですかね?パフォーマンスに乗っかって、後で自分や子供たちが泣きを見ることになりませんかね‥?
少し前、「子供手当」や「高速道路無料化」で騙されませんでしたっけ‥?



それに自分の政策に従わない議会と対立し、拒否されると話し合いを放棄し、任期途中で勝手に辞職ですってよ‥。
対立より、皆で叡知を結集して問題解決に当たった方がいいんじゃないの?


聞こえのいい「減税」などのワンフレーズで市民に訴え、メディアの露出度を武器に市民に二者選択を迫ったり‥。
「郵政民営化!」や「政権交代!」などで痛い目見てるのに、ついつい目くらましを食らっちゃうんですよねぇ~。


阿久根市長選のときもそうでしたが、市長と議会が争い、市民に民意を問う形が最近続いています。
でも市長って、議会と争うんじゃなくて、議会をまとめるのが職責でしょう?

議会は市民から選ばれた各党の議員がいて、色んな問題や提案を違う観点で議論し、検証し、決定していく場のはず。
選ばれた議員の声にもちゃんと耳を傾け、本当に市と市民のために難しい議会をまとめあげるのが市長(リーダー)の資質の一つでは‥?と思ってしまいます。


四月に統一地方選挙がありますが、投票するのも政党や政策も大事ですが、候補者の思想、人柄やバックボーンなどもある程度判断して投票しないと、結局自分たちが痛い目見てしまうんじゃないでしょうか‥?
選挙前に吹く「風」や「ワンフレーズ」、義理付き合いで頼まれたから投票する‥では、もういい加減まずいかも知れませんよ‥。





長くなってしまいました。結局何が言いたいかというと、世界も日本も、何か大きな転換期に突入したのではないか!?という事です。


世界的には、独裁国家が民主化のうねりへと傾いていくか‥?


日本では既存政党にNO!といううねりに向かうのか?


わたしは既存政党にNoというより、今の政治体制そのものに世界中の人々が「No!」を突きつけてるという感じがします。
日本の場合、戦後の高度成長期からバブル期→バブル崩壊→リーマンショック→日本が借金まみれ‥などの状況を鑑みて、今のままの地方議会・政党政治のあり方の限界を見せつけられているように感じてなりません…。
プラス、押し付けられた憲法も、もう限界がきています・・。



世界も日本も、現体制は緩やか(一気かも)に崩壊していき、これから新たな政治のあり方の出現期に直面している、のかも知れません…。



これもワンワールドへの序奏に過ぎないのか、・・は定かではありませんが、まだまだ奈落の底に向かう世の中にあって、しっかり前を向いて霊的に進みたいと思います…。

なにしろ、このような世の動きは、神のメッセージが込められているからです・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック