都知事選2


昨日の統一地方選の結果、民主惨敗、自民圧勝‥。
結局、推進派が勝利してますね~。

残念ですけれど、仕方ないですかね‥。

地方の保守の方々は、今の自分の生活を守っていくのに必死で大きな変革を望まなかったのでしょう。
福島原発事故も遠い地の出来事でしょうし、TV・新聞の報道を鵜呑みにしてらっしゃるでしょうしねぇ‥。

何しろ、原発のおかげで雇用に預っている人、補助金で潤っている人には、未来の事を考える余裕もなく、チェンジする勇気がなかったのでしょう。

それぞれ生活が懸かってるので、急進的な批判はできないところです。


実際、今回の都知事選挙もわたしの周りの方たち何人かと話しましたが、皆さん原発推進派・反対派を投票の判断材料にしていませんでした。


ある経営者の方は、この候補者だと助成金がカットになるから‥とかで、原発推進候補に投票すると言ってましたし。


実際、現職は推進派で対立候補者が反対派という構図が殆どでしたが、その反対派候補は共産党とかですからね~。
常識的判断からすれば、いくら反対派候補者だとしても、さすがに共産党に投票する訳にはいきませんし。
民主党の政権担当能力の欠如は明らかですし、その他の原発反対派候補者も分散してしまい、イマイチ影が薄かったので、まあ今回は仕方ないと言えば仕方ないような感はあります。


しかしネットなどで正しい情報を調べ、危機を知って立ち上がる人々もおります。
原発反対のデモも各地で起こり始めていますし、反対団体の動きも活発化しています。

そのような動きが活発化して世論も盛り上がって行けば、今回当選した推進派の知事も、推進の考えを転換して行かざるを得なくなるでしょう‥。

そう考えると、原発反対運動はこれから本格化していく段階なのでしょうか。


知り合いの方達も、原発の恐ろしさの真実を話しても、知っている人はいなかったし、こういう真実を語る人がいるからネットで調べてみて!と教えて、始めて危機を共感してもらえる状態ですから。



しかしまぁ、喉元過ぎれば熱さ忘れる性質の日本人なので、あと半年もすれば原発事故も日常化して、放射能汚染を騒ぎ立てる人間などいなくなるのでしょうかね‥?


そうならない為にも、ネットなどでの啓蒙活動は大事ですし、わたしもしっかり真実を取捨選択していく事を怠らないようにしていきたいと思います‥!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック