雨に思えば



本日は雨の中、休日出勤で仕事に励んでいます。
台風が接近中ということで、かなりの本降り。


台風が来ると聞くと、子供の頃から妙にワクワクしてしまう自分がいます‥。


子供の頃は台風に備えて雨戸をすべて締めて外出禁止。
でも兄と外へ出て、大風大雨の中、わざと傘をさしてびしょ濡れになって遊んだ記憶があります。
もちろん傘は瞬時にボロボロになり、母親に大層怒られました。
雨戸がガタガタ音を立てる中、家族みんなで外を気にしつつ、どんな凄い暴風雨か窓を開けて覗いたりして‥。


こんな記憶からなのか、今でも半分ドキドキ、半分ワクワクみたいな感じなのです‥。


山、川の側に住む方にとってはそれどころじゃないですし、台風は恐ろしい災害をもたらす時もありますので、少々不謹慎なところもありますが、わたしの偽ざる気持ちですのでお許しを‥。




しかし凄い雨ですが、この大雨をもたらす水も、元をたどせば一滴の水。
考えてみると、水というのは不思議なものです。


時には津波となって神の怒りを顕現すると思いきや、人間の罪穢れを洗い流してくれる水の洗礼(バプテスマ)ともなります。


また洪水の濁流となって襲い来ることもありますが、その恐ろしい流れもコップに掬えば、「スッ」と方円の器に従います。


また熱すれば気体に変化してお空へ昇って雲となり、冷やせば水に戻って地上に降り注ぐ‥。


降り注いだ場所が、例え南極だろうがトイレだろうが「氷になるのは嫌だ」「汚いところは嫌だ」と不平など言わず、ひたすら自然の法則に従い続けます‥。


そしてその流れは母なる海に注ぎ込み、汚濁のすべてを受け入れて浄化してくれます‥。



どしゃ降りの水が凄い勢いで側溝に流れ行くのを見ながら、水の旅に思いを巡らせつつ、神様の創造の御業の凄さを改めて思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック