宗教批判?


日本は信教の自由が確約されています。
非常に素晴らしい反面、怪しい団体も大手をふって巷に溢れ孵っています。


我が家にも、色んな宗教団体の人が勧誘に訪れます。

わたしが対応する時は「ウチは宗教はやらないんで結構で~す」とピシャっと断りますが、かみさんはやんわり派なので、とりあえず機関誌や紹介チラシを受け取ってしまいます。
なので、たまに気が付くと色んな宗教の冊子やチラシが置いてある。

大体、そういう類いのものはわたしがパラパラッと目を通して、ゴミ箱へ葬ってしまいます。
申し訳ないですが、危ない教えが書かれた雑誌や写真などは、あまりいい波動を感じないのでご勘弁を‥。


特によく問題など起こし週刊紙を賑わす団体や、排他的な団体のものは、偉そうでスンマセンがあんま大したこと書いてないように感じます。

あと人物を信仰しちゃってる団体‥。
よく、「○○様こそキリストの生まれ変わりである!」、「お釈迦様の生まれ変わりである!」な~んて言うヤツですね‥。
こういうのは教えの元である神様とか仏様を飛び越して教祖様信仰しちゃってるんですねぇ。
神仏の教えを説いたイエス様もお釈迦様もビックリ!って感じでしょうね‥。

それから霊媒的な団体。○○の霊が現代日本人に語る!みたいなヤツですね(笑)。
一回読んでみた事があるんですが、これこそ笑いなくして読めませんでした。(‥ったく‥これって本当に真面目にやってんの?)と、心底不思議に思ってしまいました。



‥かなり批判的に書いてしまいました‥。
あくまでわたし一個人の客観的な感想ですので‥。


もうついでなんで書いちゃいますが、教祖様の写真とか見ると如何にも怪しそうな方もいらっしゃいますが、そういう方がイエス様やお釈迦様の生まれ変わりだ!と言われても、「いやいや、そんなこと言われても‥ムリッ!!」って感じ。


でも常識的に考えて「これ、どう考えてもおかしくない?」という団体にも、一生懸命信じて、高いお布施を払う人もいます。


こういうのって、何なんでしょうか?



常識的な判断が出来ないから?

真理を広く知ろうと努め、偽か真かという判断する努力をしないから?

信心で不幸や病気が良くなったから?

或いは目には見えない縁(因縁)で引き寄せられてしまうから?




真相はなかなか分かりませんが、正しい神仏の教えを選び、自分の生き方に反映させ、人間的に向上していけるかどうかという事は、とっても難しい問題でしょう。


正しい神仏の教えを実践して、神仏のお役、世の中のお役に立つのか‥。
逆に人を騙し、惑わせ、争い、世の中の惑わせ役になってしまうのか‥‥。


実は神様・仏様も敢えてそういったまがい物信仰を配置して、人間の正しい判断力を養おうとさせているのかも知れません‥。



今回は、感じたことを書いてみたのですが、何だか結局、宗教批判になってしまったみたいです…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック