原発の安全性!?


原子力発電が、日本の高度成長期を支えてきたという事は誰もが認めるところでしょう。わたしもそのことに意義はありません。

最近メディアなどで、今ここで日本の政策が脱・原発に舵を切ったとしたならば、深刻な電力不足により日本の国力が著しく損なわれ、先進国や新興国との競争に取り残されてしまうことは必定であろう‥などと言った意見をよく見聞きします。


しかしそれいっつも聞きますけど、本当にそうなの?

競争に負けてしまうから仕方ないじゃん、競争に勝つためには仕方ないじゃん‥という議論は原発問題には通用しない‥ですよね?


皆さんご存知のように、日本の成長期を支えてくれた原発君は、今、まさにその役割を終えようとしています。

今回の事故を教訓として、広く叡知を結集し、新しいエネルギー原理を考え始めることは、国として国民として、一人の人間として当然の、自然の成り行きです。

既得利益維持論者・利益追求論者・経済優先論者の人って、必ず先のような事を言って水を差しますけど、今仮に原発を全基停止しても電力不足にならないってこと、さすがにもうみんな知っています。
また、クリーンなエネルギーが、既にあちこちで開発済みなのも知ってるし、それを表に出す事を「化石エネルギー命!」の例の連中が必死になって止めようとしている事も、知ってる人は多いハズです。




折しも今日、海江田とかいう、大臣だか何だかよく分かりませんが、一応政治家だと言われている人が


『原発の安全性は国が責任を持つから原発を再開せよ』


とニコニコしながら明言しました。


‥原発の安全性?

‥国が責任を持つ?

国って何?‥政府?

政府なんて、すぐ変わっていくものでしょう。

ましてや大臣なんか、もっとコロコロ変わっていくでしょう。


原発の安全性という問題は、政府が変わった時に重大事故が起きた際「当時の大臣が発言したもので‥」などという戯言で片付けられる問題ではないすよね‥。


海江田だかっていう人、軽々しく「国が責任を持ちますから!」などと言ってますが、この方、本当にこの日本のことを、将来のことを真面目に考えて発言しているんでしょうか‥???


原発が予想だに出来ない災害やテロに見舞われ、再び重大事故を起こすということは、誰にも否定できない事です。
安全性に責任を持つということは、例え想定を越えた事態が起こった場合でも、原発が安全に人間のコントロール下に置けることを意味するのでしょう?


原発事故というものは、「今回の事は、想定外の事態で‥」の常套句など、二度も罷り通るような問題ではありません。
わたしたちはそれを今回の原発事故から教訓として学んだはずでしょう。


人間が造り能わざる自然界をこれほど穢し、あれだけ故郷を追われた人々を見、職を、生活を、日常を失われた人々の姿を見、それでもまだ「安全性は国が保証する」‥?

事故対応や被害保証だけでも甚大な経済損失を与え続け、国民に増税すら押し付けようとしているものなのに「安全性は保証する」?

食や健康被害の不安に至っては世界の人々にまで与え続け、しかもまだ一向に正常復旧化のメドすらまるで立たないのに「安全性は保証する」‥?



民衆の上に立つ立場の人は、公の発言には当然責任と覚悟を持って発言するものですよ‥。
今この状況下で、こんなこと堂々と言える政治屋がいるから、日本の政治家はいつまでたっても国民に信用されないという事を、全く理解出来ていないんですかねぇ。。。

そもそもこの海江田とかいう人、事故発生当初も、消防庁の方々に「言う事聞かないと処分するぞ!」とか恫喝して現場に送り出したヤツ、あ、失礼‥方ですよね?
日本人を、国民を、あまりにもバカにし過ぎているんじゃないですかね~。



ともかく、わたしは今日のこの大臣の「原発の安全性は国が責任を持つ」発言を、絶対忘れませんのからね!!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック