我が家の防災グッズ



近い将来に起こるであろう巨大地震の予測に関して、「東海・南海・東南海連動型地震」の予測は以前から指摘されていますが、最近NHKの番組で、その東海・南海・東南海連動型地震が引き起こす巨大津波のシュミレーションをしていました。


それによると、巨大津波によって太平洋側の各地区は大きな被害を被ることが予測されていますが、中でも四国・高知では、最大20メートル超の巨大津波が襲うとか‥。
また、海抜の低い名古屋港周辺の工業地帯を始め、市街地までも壊滅的被害を被ってしまう、という予測がなされていました。
その他の太平洋側沿岸部も、軒並み大きな被害が予測されていますし、揺れによる家屋の倒壊や火災などで、最悪24.700人が死亡する‥という恐ろしい予測がされてます。



阪神淡路大震災から16年で今回の東日本大震災。
その間、中越地震や岩手宮城内陸地震もありました。
もういよいよ日本‥否、全世界が大変動期に入ってしまったという認識を持って、各自が災害への備えをしておかなくてはならないでしょう。防災の備えは、もはや国民の義務とまで言えるようなレベルになりました。
「自分の住むところは大丈夫」という希望的願望や「そのうち国や自治体が何とかしてくれるだろう」といった他力本願は捨てて、「今日にも未曾有の災害に襲われるかも知れない」という覚悟に基づいて防災用品の準備と心構えをしておきたいものです。


ちなみに我が家は食料を約10日分ほど備えています。
東日本大震災以前から備えていたのですが、水・食料は既に賞味期限切れとなっておりました。だもんで、新たに買い替え‥。乾パンに簡易食料、カップ麺を買い足しました。
その他の備えは、カセットコンロにガスボンベ、水は18リットルポリタンクを五本にペットボトルを24本。外の大っきな水槽にも手洗い・トイレ用として水を蓄えてます。
それから電池、懐中電灯、携帯ラジオ、ランタン、蝋燭、ライター、ヘルメット、子供用の防災頭巾、下着の変えや手袋、マスク、冬着用のジャンパー、トイレットペーパーや生理用品にオムツ、救急箱などなど。
リュックが五つに大きな鞄が二つ。
この防災用品すべてを外の物置に入れてあります。
あとは寝室に靴を入れた袋を常備。


用意するだけでもけっこう大変なのに、食料や水には賞味期限があるので注意が必要です。切れる前までに消費して、また新たに買い足ししなきゃなりません(汗)。
これだけ準備していても、いざという時不足はあるでしょうが、不測の事態を予測して、覚悟と冷静な行動が少しでも出来るようにしておきたい‥というところですかね~。





ついでに地震といえば、「東日本大震災は地震兵器(HAARP)によって引き起こされた!」などという説が、いまだネット上を騒がせています。
否定派、是正派それぞれ色々な検証していますが、わたしの私見は、巨大地震は神の為せる業ですので、人間の浅知恵が引き起こしたものではないと思っています。


しかし地震兵器やら、遺伝子操作によるクローン人間誕生など、神の権限を侵すようなおぞましい研究は例の連中によって昔から盛んに行われているのは事実。
ですが、狡猾極まりない例の連中は、まことしやかなデスインフォメーション(偽情報)をわざと流し、情報撹乱を行って真偽定からぬ惑いの世を作り出しています。
情報の真偽を見極めないと彼等の思うツボですので、直感を磨いておかなくてはなりません。
何とも難儀な世の中ですが、身を助ける正しい直感は正しい神霊からの「勘」を授からなければならないでしょう。



万物の創造主たる神様は、自然界の秩序を破壊しかねない人間の暴挙を、看過することはありません。
度を越えた人間の行為には、必ずストップをかけられます。
神様が創造された物を使って加工することしか出来ない、人間の科学などが立ち入れない「侵すべからざる領域」が、厳として存在しています。


私たち人間は、地球上の全ての物質を、創造主たる神様から恵んでいただき、それらを許されて使用しているだけだ、ということを謙虚に悟らなければいけないのではないでしょうか?
自然界に対する感謝と畏敬の念を持たなければ、人間は神様から「もう、いらんわい!」とばかりに、此度の大審判で絶滅させられてしまうでしょう。


大審判の世とは、人間が神様から厳しく峻別される世です。
それは人間同士の戦争のみならず、局地的な大地震という規模を遥かに越えた、大陸の陥没や隆起といった「大天変地異」が起こり来る時代です。そしてそれは、神・自然界の怒りでもあるのです。


遥か過去、栄華を極めたアトランティスやムーといった大陸も、大天変地異によって、今は海中に没しています。
如何に人間の奢れる科学が発達しようと、神の怒りが引き起こす大天変地異の前には、人間は為す術などありはしません。
神の守護なくしては、藁が燃え尽きるように全てが滅び去ってしまうでしょう。


「神霊などいるもんか!」と、目に見えるもののみに頼る人間は地震兵器などを恐れ騒ぎたてますが、本来はそれ以前に、神様の怒りを恐れなければならないはずなのですが・・。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック