大河ドラマ


佳境を迎えたNHKの大河「江」が面白い。
去年の「竜馬伝」はじめ、ここ数年、面白味に欠け見ることのなかった大河ドラマですが、今年の「江」は妙に惹かれています。


昔から戦国時代の歴史や武将たちに何故か心惹かれ、その類いの本はかなり読んだりしてたんで、よく知っている時代背景が今回はハマったのでしょうか‥。
いやいや、違います!
幕末~明治黎明期の歴史も好きなのに、竜馬伝はまったく見る気になれなかった‥。
あと、大河ではないですが大好きな小説「坂の上の雲」も、ま~~ったく、見る気になれませんし。



‥よ~っく考えてみたら、どうやらわたしは、役者によって見る・見ないを決めているようです‥。
それも役者の個人的な好き・嫌いといった感情ではなく、わたしのイメージする歴史上の人物像と役者がピタッと一致したりしていると妙~にハマるみたいです(笑)。
「江」でいえば、秀吉役の岸谷吾郎(もうお役御免)と家康役の北大路欣也の存在感に、妙に惹かれて見続けたような気もします‥。
大河を一年見続けたのは、信長役の渡哲也に惹かれて見続けた「秀吉」以来のことになります‥。
もともとテレビ自体、見ることのないわたしですので、数年振りに見続けたドラマとなりました。



ところで、幕末や戦国時代の人たちの生き方や人間模様(関係)に、なぜこんなに惹かれてしまうのでしょう‥?
個人的に好きで読んだのは、幕末は「坂本竜馬」に「西郷隆盛」「勝海舟」「山岡鉄舟」「高杉晋作」「徳川慶喜」。
戦国時代は「織田信長」。信長は大好きで何冊も読み漁りました。
あとは「豊臣秀吉」に「武田信玄」。「徳川家康」に「伊達政宗」。
武田家については近いこともあり、武田家ゆかりの史跡を調べて巡り、旅した事もありました‥。
他にも三國志の「曹操孟徳」などには、とても心が惹かれてしまいます。


きっと人には生まれ変わりがあって、前世は幕末や戦国時代辺りに出没してたのかも知れないな~。
だからあの時代の人々に心惹かれてしまうのかも知れない‥‥などと思ってしまいました。
考え過ぎでしょうかね‥?


ちなみに来年の大河は「平清盛」です。
誰が演じるのか知りませんが、きっとまた配役のイメージで見る・見ないを決めるんだろうな~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック