モンゴル強し


大相撲春場所、鶴竜の快進撃は見事でした。横綱・四大関を破って見事大関に昇進です。
恥ずかしながら、今場所までは鶴竜の存在さえ知らなかったわたし‥。


異国の地で、しかも独特な相撲部屋に入門し、厳しい稽古も黙々とこなすモンゴル勢。
鶴竜は「覚悟して来たからきついとは思わなかった」という。
はぁ~っ、立派です!


白鵬に日馬富士、鶴竜。やめてしまいましたが朝青龍。「お、えらい強いのが出てきたな!」と思うのは、みんなモンゴル勢。
もはやモンゴル勢に席巻されてしまった感のある国技・相撲道。
なぜだ?なぜに強い、モンゴル勢。
遠いモンゴルの地に住む彼らをして、日本の伝統国技に向かわしめるものは何なのか?国技という競技でのモンゴル勢の快進撃は、日本とモンゴルの深い縁からくるものなのでしょうか?
そういえばチンギス・ハーンは源義経説、というのもありますね。


日本とモンゴルとの因縁の関係を調べてる時間は今はないですが、何らかの神様からのメッセージと、日本・モンゴルの重大な縁があるのかも知れません‥。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック