祝!!入学式・入園式


昨日は娘の保育園の入園式。
そして今日は息子の入学式。


昨日の娘の入園式は残念ながら行けなかったので、まず朝、娘を保育園に送っていきました。
「お父ちゃんと行く~♪」と言う可愛い園服姿の娘と手をつないで保育園へ。
入園2日目の娘は先生に抱っこされわたしと別れる際、口をへの字にして泣きそうなのを必死にこらえていました(笑)。
去年からの馴らし保育は、お兄ちゃんの幼稚園へずっと行っていたので、この保育園でまだお友だちは一人もいません。
教室の外からそっと中を覗いてみると、お友だちの輪の中で、娘だけポツン‥としていました‥。
ま、はじめはこんなもんなのでしょう。


そして急いで帰り、10時半から息子の入学式。
新しいランドセルしょった息子と小学校へ。
息子も通ってた幼稚園のお友だちは一人もいません。しかし彼は全く心配いらないでしょう。
何しろ息子はどこへ行っても、いつも知らぬ間にお友だちに声を掛けて仲良くなっている陽気な性格。
案の定、さっそく隣の席の女の子と楽しそうに話していました。




‥子供たちが無事にここまで元気に育ってくれたのも、神様、ご先祖様のおかげに他なりません。
こういう節目節目を迎えるごとに、改めて神様・ご先祖様に感謝したいと思います。


人間なんて、一日生きてりゃ、いつどんな事件事故に巻き込まれるか分かりません。いつどんな怪我、病気をしてしまうかも分かりません。
坂本龍馬が姉に書き送った手紙

「そもそも人間の一生は合点の行かぬはもとよりのこと。運の悪い者は風呂より出んとして金玉をつめわりて死ぬる者あり。
それにくらべて私などは運がつよく、なにほど死ぬる場へ出ても死なれず。自分で死のうと思うても又生きねばならん事になり‥」

てなもんでしょう。


わたしも結構、この「運命論」奉信者です。
人の運は確かに有り、運の良い人、運の悪い人がいます。
この運の良い・悪いというのは、やはり目に見えない神霊のお導きに左右されるところが大きいのではないか、とわたしは考えています。
きっと気付かないところで、ご神霊がご守護下さっているからこそ、無事に日々を送れているのでしょうね。




神様から授かった息子と娘のお陰で、私たちも人の親として、色々と勉強させてもらっています。
本当ありがたいことです‥。
ともあれ息子も娘も、これから過ごす学校・保育園でいっぱいのお友だちといろいろなことを経験し、正しい人間になるための「こころのねっこ」を張って欲しい‥と、心底願っています。



ちなみに息子の入学式のあと、娘を迎えに保育園へ行くと、しっかり遊んでしっかり食べて、泣かなかったですよ!ということでしたので一安心‥。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック