安倍新総裁


自民党の新総裁に安倍さんが選出されました。
対中韓関係がこじれる中での長州・安倍氏再登場。そして原発の維持を表明。
何だか、裏で糸引く連中の思惑が見え隠れしてしまいます‥。


連中の意志を忠実に実行する清和会の安倍さん、祖国を護るという理念では、まともな思想の人だとは思います。が、原発維持は相容れることは出来ません。


まぁしかし、例の勢力に逆らって、政治家として生きていくことは出来ませんからね~。
同じように世界の潮流には逆らえず、日本も戦禍の渦に巻き込まれ行く前兆を見せられているような気もしてしまいます。



「進んで争うことなく、退いて遜うことなし」



兵法書の極意『六滔』の中の教示の一つです。
言葉のまま捉えれば、「前に出て他と争ってばかりいてはいけないが、引いて遜ってばかりでもいけない」という意味ですが、兵法書ですから内意があります。


将たる者は、世の流れを読み、戦の流れを読み、前に出て押してみたり、後ろに下がって引いてみたり‥という駆け引きができなければいけない。
簡単に言うと、周りの空気、相手の呼吸が読める者でなければならない‥ということでしょう。
何か禅の間合いにも通じるものがありますが、天の理に則って政治を行うを最上とするならば、今、隣国からの脅威に曝される日本に、何か役割があってまた安倍さんが引っ張り出されたのでしょう。



安倍さんの天命は知る由もないですが、‥安倍さんって、弁士のわりに話下手と言うか、話が分っかりにくいっすねぇ‥。
ま、どっちにしろわたしは次期選挙は原発維持を掲げる自民党には投票しませんがね。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック