天国を夢見て


最近、今年に入り、土曜日曜関係なく働いております。
人間とは不思議なもので、(仕事があるだけでもありがたい…)と思っていても、多忙を極める日々が続くと、様々な不平が頭をもたげてくるもんです(笑)。


余裕の無さから追い込まれていく自分が怖かったりもしますが、実はいま与えられている状況が、実は最善であったりもする‥、という真理にも気付いていたりもします。


「天に恥じないよう、正しく生きる」という一線を、決して越えることのないよう歩んで行きたいものです。


さて、自民党が政権復帰を果たして以降、中国の動きがまた一段エスカレートしています。
先日はついに東シナ海が一触即発の事態にまで差し迫っているということが判明してしまいました。
彼の島周辺の海底に眠るエネルギーを見据えて、そろそろ米国が触手を伸ばし始めたのでしょうか。
裏でしっかり手を結ぶ米中の動き、それに決して抗えない日本。
人々の心は欲に動かされていくもの‥。
邪な欲に動かされているものは自分優先。
対して正しい欲に動かされるものは他を尊重し、共存共栄の大欲を欲するのでしょう。


特亜対立の論調に煽られることなく、地球上の人類は皆等しい神の子である真理に想いを致す人々。
巨大陰謀を見抜きつつ、それに囚われることなく超越し、天神に正しく生きる人々が増えてこそ、愚かな戦禍は先延ばされて、環境革命の大転換も起こるのではないでしょうか‥。


人種、国境、貧富を超越して、神の子人類が等しく尊重し合い、助け合い、共存共栄していく様子は、正に天国、歓喜の世界です。
それを望むのが人間の本性です。
人の本性を誤った方向に導くものは、己の心に潜んだ邪な欲望に他なりません。


多忙にあっても、人類皆が仲睦まじく暮らしている天国を想像し、日々を正しく歩みたいですね。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック