テーマ:出雲大社

出雲の社

『出雲の大社に詣でて見侍ければ  天雲たなびく山の半ばまで片そぎの見えけるなん  この世のこととも覚えざりける  やはらぐる光や空に満ちぬらん  雲に分け入るちぎの片そぎ』 と、久安元年(1145年)大社に詣でた寂蓮法師が、巨大な社殿に畏敬驚嘆して詠まれた天下無雙の大厦。 「大国主大神」を斎祀る出雲大社は、昔の社…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more